Dr.G’s クリアネイル 口コミサイト

インフォメーション

爪水虫は、別名:爪白癬 (つめはくせん)と呼ばれ、手足の白癬が進行し、爪の間に白癬菌が侵食して、爪自体が白癬菌に感染した状態となっている症状をいう。 足の爪などを不摂生に伸ばしていると、そこに汗や垢などの汚れが溜まり、それが白癬菌の温床となる。長時間ブーツなどを履いたり、雨でぬれたりすることで発症する。最初は爪ではなく、爪と隣接する指先が水虫となるケースが多く、そこから爪の間へと感染することで、ゆっくりと進行していく。 爪水虫になると、初期では爪の先の色が、白っぽくなるだけであり、自覚症状はない。しかし、次第に指側に侵食していき、最終的には爪全体の色が、白色・黄色・黒色に変色する。爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れる。それにより、新たに白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となる。by ウィキペディア

爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』の特徴



Dr.G’s クリアネイル

爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』の特徴

爪水虫のというのは、元々白菌という真菌の一種。

Dr.Gsクリアネイルは、「トルナフタート」という成分が

この白菌に直接働きかけ、菌を徐々に弱らせ死滅させます。



この「トルナフタート」ですが

爪の表面からでも浸透しますので

女性の方からも、マニュキュアをした爪の上からでの

使えるので、大人気です。



さすがに、アメリカで特許を取得しているだけのことはあります。


通常の水虫の薬には、アルコール成分が入っていて

浸透する前に、乾いたりしますが、

この「Dr.G’s クリアネイル」には、アルコール分は入っていません。


乾く時間も、塗ってから10分前後で乾くので安心して使用できます。

★水虫対策関連商品検索★


★水虫対策関連商品検索★

爪水虫治療の現状

爪水虫用にはコレ




爪水虫治療の現状


爪水虫の治療は現在皮膚科に行って血液検査をした後、

肝機能に問題がなければ飲み薬を処方してもらい

3〜6ヶ月通院しながら治す方法と、

塗り薬による治療(米国及びヨーロッパでは主流)があります。

塗り薬は肝機能に問題のある人、肝機能低下の副作用を

避けたい方のために使用されています。

爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』の特許

爪水虫用にはコレ





爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』の特許


以前は処方箋なしでは買えない成分であったベンゾルコニアムは

現在米国では市販薬に使用できるようになりました。

そのベンゾルコニアムが爪表皮から浸透し、

爪の下の水虫菌を死滅させるように技術開発され、

米国特許となったわけです。

爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』で同時治療

爪水虫用にはコレ




爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』で同時治療


水虫も同時に治そう!

爪水虫でお悩みの多くの方は皮膚も

水虫になっている可能性があります。

特に足の裏全体、かかと角質部分が

厚くなってしまう水虫が多いと言われています。

皮膚の水虫菌が爪の間に入って爪水虫になってしまうので、

この機会に水虫も同時に治しましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。