爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』のQ&A - Dr.G’s クリアネイル 口コミサイト

インフォメーション

爪水虫は、別名:爪白癬 (つめはくせん)と呼ばれ、手足の白癬が進行し、爪の間に白癬菌が侵食して、爪自体が白癬菌に感染した状態となっている症状をいう。 足の爪などを不摂生に伸ばしていると、そこに汗や垢などの汚れが溜まり、それが白癬菌の温床となる。長時間ブーツなどを履いたり、雨でぬれたりすることで発症する。最初は爪ではなく、爪と隣接する指先が水虫となるケースが多く、そこから爪の間へと感染することで、ゆっくりと進行していく。 爪水虫になると、初期では爪の先の色が、白っぽくなるだけであり、自覚症状はない。しかし、次第に指側に侵食していき、最終的には爪全体の色が、白色・黄色・黒色に変色する。爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れる。それにより、新たに白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となる。by ウィキペディア

爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』のQ&A

爪水虫用にはコレ





爪水虫治療塗り薬『Dr.G’s クリアネイル』のQ&A


Q.1本でどのくらいもちますか?

A.2〜3本の爪で使ったとして、約2〜3ヶ月分です。

Q.皮膚水虫にも効きますか?

A.これは爪水虫専門に開発された薬です。
皮膚用は別のものをお使い下さい。

Q.爪水虫は他の体の部分にも移りますか?

A.爪水虫の菌である白せん菌は、爪や足だけでなく頭、股、
お腹など、全身に伝染する可能性があります。

Q.塗った後は、そのままにしておいた方がよいのでしょうか?

A.水虫の部分は乾燥させておいた方が良いので、塗った後は
そのまま乾かして、包帯などで巻かないようにしてください。

Q.喘息治療中なのですが、体に負担のある飲み薬での治療は
避けたいのでクリアネイルで治したいと思います。
喘息治療中でも問題なく使用できるでしょうか?

A.メーカーに問い合わせたところ、喘息の治療中に使用しても
問題ないという回答でした。

Q.完治するまでのどれくらいかかりますか?

A.足の爪が生え変わるには6ヶ月から12ヶ月かかります。
爪水虫の程度にもよりますが、爪の部分のみの爪水虫の場合は
3ヶ月位で完治します。 
クリアネイルをつけて数週間で爪の色が健康的な色に
変化してきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。